*

      

【】茶巾の美学 PART1


【タイトル】茶巾の美学 PART1
【出演者】
【ジャンル】フェチ
【レーベル】スパイ拷問
【メーカー】松下一夫
【リリース日】2010/12/1
【内容解説】

【1.緊縛メイドの茶巾放置】失敗したメイドにお仕置きを!みたいな設定にしたんですが、なんか、ほのぼのしちゃいました(笑)。これはこれでありなんですけどね。真っ黒なロングスカートのクラッシックなメイド娘を、後ろ手で縛ってから茶巾にします。そのままベッドに転がして放置。捲り上げられたスカートの下には、フリルの付いたつやつや感のある純白パンティ。茶巾から逃れようとして、赤いサテンのベッドでもがくメイドの姿は必見です。【2.ドレスで茶巾くすぐり遊び】紫のフォーマルドレス。サテンではないですが、ストレッチ系で肌触りは半端じゃなく滑らかです。体のラインがクッキリ出ますね。スカートの裾が床を引きずるぐらい丈が長くて、その裾から見え隠れする足がたまりせん。(笑)【3.制服娘茶巾責め】茶巾の定番といえば女学生の制服ですよねぇ?待望のセーラー服で登場です!設定は80年代の純な女子校生。冬服の前開きセーラーで2本ライン。エンジのつるつるサテンリボンと膝下10センチのプリーツスカート。白のハイソ履かせて、中は白のスクールパンツに紺のスクールブルマと、昔懐かしい昭和の女子校生です。茶巾の原点ですよね。最後はブルマに電マをぶっこんで放置してました。

続きを見る


Message

  
      

PAGE TOP